MENU

若白髪の原因

10代や20代など、若くても白髪が多発してしまう人も多くいます。これらを若白髪と言いますが、どうして若白髪になってしまうのか、その原因が気になりますね。今回は若白髪の原因についていくつか考えられるものを挙げてみようと思います。

 

まず考えられることは遺伝です。遺伝性の白髪とは、そもそも白髪そのものではなく、白髪の生えやすい仕組みや環境が遺伝により引き継がれてしまうものだと言われています。メラニンが発生しにくい遺伝子や、髪の毛の成長を促す成長ホルモンの分泌量が少ない遺伝子が若い頃から発症するように受け継がれていると、若白髪となる可能性があります。一概に言えることではないのですが、親が若白髪だった場合、子供も若白髪が生えるというケースも多いようです。

 

そして次に挙げられるのが栄養不足です。現代は忙しい人が多く、一人暮らしで身近なコンビニ弁当などで食事を済ませる人も少なくないため、栄養の偏りが懸念されます。メラノサイトが髪の毛を黒くするためのメラニンを生成するには沢山の栄養素が必要となりますので、このメラニンの元となる栄養素をしっかりと日々の食事から吸収することが非常に大切です。野菜などは勿論のこと、肉・魚・豆類・海藻などをバランスよく取り入れることが重要になります。

 

そしてストレスも若白髪の原因になります。仕事や人間関係などストレスを抱えやすく溜め込みやすい現代人は、過度なストレスを受けることで自律神経が乱れて血行不良が起こりやすいです。これらはメラノサイトの働きを阻害する原因となりますので、ストレスを溜め込まず上手に解消して付き合っていくことも重要です。

 

そして病気も若白髪の原因となるケースも見受けられます。例えば慢性胃腸疾患・マラリア・甲状腺疾患・円形脱毛症などにかかると、白髪が発生してしまうことがあります。病気によって内臓が弱ってしまい、栄養の吸収率が落ちることで、メラニンを生成する栄養素が不足するためだと言われています。

 

若白髪の原因は様々ではありますが、例えば食生活やストレスなど、ちょっとした心がけで改善できるものについては改善していくことで、若白髪の予防にも繋がります。